p1000769

13 – 土の家の屋根づくりと秋の森の散策

最初は野原のススキを刈り取ってきて、家の屋根をつくりました。それから土をこねて壁につけてゆきました。もう手が冷たくて大変です。それから焚き火に入れて熱く熱した石を水に落として割ってあそびました。こんな何気ないことが面白いんですね。ご飯を食べたら森へでかけました。秋も深まって森は黄色や茶色、赤など色とりどりにそまっています。グラウンドに出たらボール投げやフリスビーで遊びました。フリスビーの取り合いっこで盛り上りました。それからグラウンドの奥の農場に牛を見にいきました。久しぶりに洞窟探検をしてみました。コウモリたちがもう冬眠していました。邪魔してごめんなさい。すがすがしい空気の池の脇を通ってかえります。途中でみつけた台車にのったり、引っ張って遊びました。なんでも遊びにしてしまいますね。女の子たちはしっかり女子力を発揮。最後はひとりづつ感想を言っておわりました。天気もよくて食べ物もおいしかったし、秋を満喫した一日でした。