Hyperscratch ver.8


メディアセレクト99
名古屋港ガーデンふ頭20号倉庫、名古屋
1999年6月26日-7月11日
主催:アートポート実行委員会

空間で身体を動かすことによって映像と音声をコントロールする参加型のインタラクティブインスタレーション、「Hyperscratch ver.8」を制作した。


概要:
この作品はインタラクティブなインスタレーションである。参加者の前には大きなスクリーンがあり、参加者の体全体の動きにリアルタイムに反応して映像が出現する。スクリーン上の映像は縦横10個ずつ、計100個の正方形のグリッドで仕切られており、参加者の体の各部分に対応して沢山の正方形のイメージが現われては消えて行く。例えば、右手を体の右上で動かすとスクリーンの右上にいくつかの正方形のイメージが現われる。また体全体を左側に動かすと動いた体の部分に対応していくつかの正方形の映像が動く。映像と同時に各々の映像に割り当てられた音もリアルタイムに現われる。このように上下左右にどのような方向に動いてもそれに呼応してリアルタイムに映像と音が現われる。このようなシステムの中で参加者は自由に体を動かしてこの作品を体験することができる。 。 この作品の主な特徴 簡単に誰もが参加することができる: 特定の機器や難しい方法を使うことなく子供からお年寄りまで誰もが自由に簡単に操作し参加することができる。手、足、頭、体全体で自由に動きまわり、ときには激しく、ときにはゆっくりと動き、体験することができる。どのような動きにもすばやく忠実に反応して音と映像が出現する。その結果 、相当に体を動かす結果となり、精神と肉体を解放することができる。 創造性: 使われている各々の音とイメージはシンプルなものにした。各々の音とイメージはシンプルなものであるが、それらが同時にあるいは連続して現われたとき、それらが全体として有る種の美的なイメージあるいは音楽となるよう配慮した。使用している機器はハイテクで有っても、音とイメージはシンプルな抑た表現にすることによって、参加者自身の中でイメージが喚起され、参加者自身の創造性を発揮することになるだろう。過剰な表現が目立つ作今のコンピュータグラフィックスの世界においてこれは有る種の冒険であり挑戦である。過剰な表現によって参加者を驚かせることが目的ではなく、参加者がこの環境の中で、どのように自分自身の創造性を発揮し、精神を解放することができるかがこの作品の目的である。 同時に沢山の人が参加することができる。: スペースが許す限り複数の人が同時にこの作品を体験することができる。複数の人が同時に体験することによって彼等の間で予想もつかないコミュニケーションが起こるであろう。またこの作品に時間の制約はない、好きなだけ体験して、やめたい時にすぐやめられる。場合によっては他の参加者が体験しているときにも自由に参加することも可能である。 以上のように参加者自身の自由な体の動きが、音と映像とともの楽しい時間と空間を創造してくれる事を願うものである。

Interactive installation
Hyperscratch ver.8 Shadowdancer
1997

This is an interactive installation. There is a wide screen in front of participants, on which some real-time images appear in response to the movement of each part of the body of the participant. The images on the screen consist of 100 square grids in total (10~10 grids), and many square images repeatedly appear and disappear according to the movement of each part of the body of the participant. For example, when one moves his right hand in the space on his upper right, some square images appear in the upper right part of the screen. When he moves his whole body to the left some square images move according to the movement of his body. In addition, when he moves back and forth, different sounds and images are created in the same way. The sound assigned to each image also comes out in real time along with the image. Thus, even if one moves in any directions, right and left, back and forth, and up and down, sounds and images come out in real time in response to his movement. Any participants can experience this system by freely moving their bodies in it.

The characteristic features of this system are as follows.

Anyone can easily experience this system: 
Anyone, even if he is a child or an elderly person, can freely participate in and easily operate it without using special tools or methods. It is possible to experience it by moving hands, feet and head, or by freely moving around using every part of the body, sometimes rapidly and sometimes slowly. Sounds come out and images appears, rapidly and faithfully responding to every movement. It provides participants with moderate exercise, and, as a result, they can be relaxed mentally and physically

 

Creativity:
As to each sound and image to be used in this system, we decided to select simple ones. Although each sound and image are simple, they are so designed that a kind of beautiful image or music will be made up as a whole when they come out simultaneously or in succession. Although high technologies are used in this system, the expression using suppressed simple sounds and images will stimulate the creativity of the participants, and various unique images will be aroused in their mind. In the world of recent computer graphics, where the excessive expressions are prominent, this is rather a risky trial, but it is our challenge. The purpose of this system is not to surprise participants by excessive expressions but to let them show their own creativity and to relax their mind.

Many persons can participate at any one time:
So long as the space permits, two or more persons can experience this system at one time. Through such experience, unexpected communication will happen between them. In addition, there is no time restriction in enjoying this system. Anyone can enjoy it as long as he likes and can stop it whenever he likes. In some cases, it is also possible to freely join someone else who is experiencing it. 
We hope that the sounds and images created by the free movement of the bodies of the participants will provide them with a happy time and space as mentioned above. 

 

 

Print Friendly, PDF & Email