犬山観光情報のビジュアルアイデンティティのデザイン

日本デザイン学会誌「デザイン学研究作品集」23巻 (2017) 1号
平成30年4月
単著
査読付き

本稿では、愛知県犬山市において約10年間にわたってディレクションをおこなってきた様々なシンボルマークやロゴタイプ、パターングラフィクスなどのビジュアルアイデンティデザインが実際に多様な媒体や空間、体験や交流、情報などの分野で応用、展開されるに至った背景と経緯、手法、成果について述べた。また地域を活性化するために一貫したメッセージとイメージを継続的に発信し、多様な媒体やデザインアイテムをトータルにデザイン制作、管理するクロスメディアデザイン的な視点が重要であることと、そのためにビジュアルアイデンティのデザインが果たす役割ついて述べた。
P68〜73

https://www.jstage.jst.go.jp/article/adrjssd/23/1/23_1_68/_article/-char/ja

Print Friendly, PDF & Email