犬山観光情報のクロスメディアデザイン 地域の観光情報のトータルなデザインディレクション

投稿者:

第64回日本デザイン学会春季研究発表大会口頭発表
2017年7月1日(土) 9:00 ~11:00 地域振興、地域研究A8-06

犬山観光情報のクロスメディアデザインについて、当初の問題点と対策、基本情報媒体のデザイン、サインデザイン、関連施設、周辺地域の情報の整備、犬山観光情報、観光案内所ロゴタイプ、パターングラフィクス、キャンペーンロゴ、コンテンツのデザインディレクションの経緯と具体的な手法について実例を挙げながら報告した。また一連のデザインとその効果について検証し、基本情報の収集、イメージの醸成、情報・イメージの多面的な展開、既存の観光資源・コンテンツの洗い出し、新規のコンテンツの作成、周辺・関連情報全体の充実、基本的な環境の充実、デザインの一貫性、継続性の重要性について考察した。

第64回日本デザイン学会春季研究発表大会
2017年6月30日(金)~7月2日(日)
拓殖大学(文京キャンパス)
http://feng.takushoku-u.ac.jp/jssd2017/application.html

日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第64回春季研究発表大会https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/64/0/64_302/_pdf

print