犬山観光情報のクロスメディアデザイン 地域の観光情報のトータルなデザインディレクション

投稿者:

第64回日本デザイン学会春季研究発表大会口頭発表
7/1(土) 9:00 ~11:00 地域振興、地域研究
A8-06 犬山観光情報のクロスメディアデザイン 石井 晴雄(愛知県立芸術大学)

現在は観光や地域おこしなどの目的で、地域からの情報発信が活発に行われるようになっている。しかし発信する情報の不足、明快なイメージの欠如、コンテンツの不足など、地域からの情報発信については多くの課題がある。本研究では情報、イメージ、コンテンツの観点から、いかに地域から情報発信を行うかについて実践的な研究を行っている。地域の観光情報の発信について成果を出すためには、基本的なイメージや情報、コンテンツのデザインからSNSなどへの対応まで、長期的かつ多面的に取り組むことが重要である。

第64回日本デザイン学会春季研究発表大会
2017年6月30日(金)~7月2日(日)
拓殖大学(文京キャンパス)
http://feng.takushoku-u.ac.jp/jssd2017/application.html

日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第64回春季研究発表大会https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/64/0/64_302/_pdf

print