第10回人と自然の共生国際フォーラム:三ケ峯里山計画「森の風の道を作る」 地域の生態系から生まれるアートとデザイン

愛知県長久手市と愛知県立芸術大学の自然の生態系や地域社会を背景として継続的に企画・ディレクション・運営をおこなってきた林や野原の整備、「三ケ峯里山ハウス」「フォレスト」「ながくてピクニック」などのフィールドワークやワークショップ、地域住民参加型のイベントについてその背景と経緯、手法及び相互のクロスメディア的な関連について述べた。また本活動のリーフレット、webサイト、シンボルマーク、看板などのデザインを通して、活動の趣旨とアイデアをわかりやすいく社会に伝えるようにした。

第10回人と自然の共生国際フォーラムポスター発表
愛知県立芸術大学 石井研究室と有志の会として
平成28年10月29日(土曜日)13時00分~16時45分
会場:ウィルあいち3階大会議室(愛知県名古屋東区上竪杉町1)

活動発表会(アクション・プレゼンテーション)
意見交換会(グループディスカッション)
平成28年10月30日(日曜日)10時00分~16時00分
会場:あいち海上の森センター(愛知県瀬戸市吉野町304-1)

里山について知る
里山と森林の成り立ちと管理について、海上の森を事例として学ぶ。講師:森の健康診断、1回1日。

応用
海上の森で学んだことを応用して、愛知芸大の敷地内で学生や地域の人たちと森や木の観察、作業などを行う。作業は立木の伐採や、下草の管理など、子供や学生、専門家ではない地域の大人でも参加できる方法を想定している。参加者は地域の人たちや学生などに告知して参加を募る。また森での野外活動をする場合に、トイレをどこでするかが問題になる。そこで野外でのトイレの作り方についても実践的に研究する。4回4日。

事業の趣旨
里山という古来より日本人が親しんだ身近な自然との関わりを、自然観察や間伐、デザインやアートなどの様々な活動を通して現代的なライフスタイルとして復活させる。

波及効果
学生や地域の人大人や子供たちと取り組むことによって、次世代や多くの人たちにその活動の意義と体験を伝えて行きたい。またリーフレット、webサイト、シンボルマーク、看板などのデザインを通して、この活動の趣旨とアイデアをより親しみやすいくわかりやすいく社会に伝えていきたい。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kaisho/forum28.html

Print Friendly, PDF & Email