APITA PLANETARIUM「空間礼讃」

5000個の発行ダイオードの光が暗闇の空間で音楽とシンクロして点滅するシステムを制作し、名古屋市内の商業施設の展示空間で、体験型のインスタレーションとして展示した。観客動員数:4000人。

1986年7月3日-7月13日
生活創庫APITA、アピタスタジオ、名古屋
インスタレーション制作:石井晴雄
企画:宮崎喜一
音楽制作:水谷アキラ

Print Friendly, PDF & Email