大学におけるボランティア活動推進をめぐる課題-長久手市4大学学生ボランティア調査から-

愛知県立大学多文化共生研究所「共生の文化研究」第12号
P26〜47
2018年2月
共著

本稿は愛知県長久手市において、長久手市大学連携基本計画策定ワーキンググループのメンバーとして、大学ボランティア活動推進をめぐるニーズと課題を探るための大学生を対象とした質問紙調査の分析である。また市内の4大学の学生を対象としたアンケートを通して社会貢献経験と、社会貢献へのニーズを把握し、今後の活動推進のための課題を抽出することを目的としている。アンケートではボランティア経験と活動の内容、活動での充実感、満足感、自身の進路に与える影響、大学教育におけるボランティア活動の扱い等の設問を設けて結果を集計した。

共著者:松宮朝・石井晴雄・川原千香子・小島祥美・中根多惠・笹山実希

http://db.csri.for.aichi-pu.ac.jp

Print Friendly, PDF & Email