情報リテラシーの向上による市民参加型webサイト制作の可能性-ひらひら日本webサイトのデザインとディレクションを事例として-

投稿者:

日本デザイン学会第3支部平成26年度研究発表会口頭発表

平成27年3月21日(土・祝)
名古屋市立大学病院
日本デザイン学会第3支部平成26年度研究発表会

print

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です