第3回ながくてピクニック
-春のおだんご祭り-

愛知県立芸術大学の野外の自然空間において、地域の住民参加による野草を摘む自然体験や地元産の米粉も使った様々な料理づくり、会場づくりや舞台装飾を行い、地域の演奏家による即興演奏やライブ演奏を聴くなど、地域の自然と音楽、アート、食によるクロスメディア的な交流イベントを企画、運営し、地域の住民の交流の活性化を推進した。

平成27年3月29日(日) 13時〜17時
愛知県立芸術大学長鶴池
平成26年度長久手市協働まちづくり事業活動助成対象事業助成
企画・主催:トランジション長久手、愛知県立芸術大学石井研究室、長久手市たつせがある課、長久手市産業緑地課


会場づくりのための竹を切る
ヨモギを摘む
ヨモギをゆがく
お団子をつくるためにお米を粉にする
お団子をつくる
お団子をゆでる
TOPAの即興演奏
お団子を食べる
会場の装飾

 


定員

40名
※下記の参加予約フォームからご予約ください。
※定員になり次第、予約を締切させていただきます。


参加費

大人、大学生-500円、高校生以下-無料
※参加費は当日会場受付にて支払いください。
※参加費にはお食事、ライブ演奏鑑賞が含まれています。


会場、アクセス

愛知県立芸術大学長鶴池
〒480-1194 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114
東部丘陵線リニモ「芸大通」駅下車徒歩12分


タイムテーブル

13:00: 受付開始

13:00〜: 体験(ご希望の体験をお選びください)
・お団子づくり:薪で火をおこしたりヨモギを摘んだり様々なおだんごをつくります。
・舞台装飾:ライブ演奏の舞台の装飾をつくります。
・会場作成:間伐材でライブ会場の椅子を作って並べます。

15:00〜
・お食事
・演奏:TOPA、ポチとolive、ハナミズキとシモゴンダス

16:00〜
・あとかたづけ

17:00:終了


ご注意

※野外のイベントですので服装にご注意ください。肌の露出する服装や履物はご遠慮ください。
※雨天の場合は中止とさせていただきます。決行か中止かは本サイトにて告知いたします。


演奏・スタッフ

TOPA(橋本知久)
“子どもの楽器・鍵盤ハーモニカ”のイメージを覆すパフォーマンスが国内外で注目され、演劇やダンス、朗読とのコラボレーションなど、ユニークな活動を展開している。オランダ王立音楽院作曲科修了。修士号取得。オランダ滞在中には小学校や託児所等、60施設以上で鍵盤ハーモニカの訪問演奏を行う。帰国後も小学校での特別授業の他、子どもから大人まで音楽する喜びを感じられるワークショップや身体感覚を生かしたレッスンを各地で開催。名古屋市生まれ。

ポチとolive
愛知県名古屋市を中心に活動する、どうぶつの気持ちをうたにするアニマルポップサウンドプロジェクト。主に、動物彫刻家はしもとみおの詩を、voヨダアミがさまざまなケモノになってうたっている。ライブは弾き語り、デュオのポチとoliveの他、多様なミュージシャンとのセッションによるライブ企画もおこなっている。

ハナミズキとシモゴンダス
カラオケで長久手市の非公式ソング「愛の古戦場」熱唱します。

お団子づくり指導:宮崎喜一(ART & LIFE自然学校)、名川敬子(アトリエフラワーチャイルド)
会場作成:藤森幹人(株式会社対話計画)
舞台装飾:可知夏美(愛知県立芸術大学デザイン専攻3年)
音響:新見永治(パルル)、渓(Ett)
広報、設備:石井晴雄(愛知県立芸術大学石井研究室)


助成:平成26年度長久手市協働まちづくり事業活動助成対象事業


 


 

Print Friendly, PDF & Email