ながくてゆいまある

ヒフミヨイ農園

メンバーは20〜40代の、それぞれ本業として音楽家、料理人、陶芸家、庭師、イベントプロデューサ−などの顔を持つ10数名の有志により運営されています。

1 year ago

「コ」の田んぼ。黒米ばら蒔き。鳥避けでキラキラさせた。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

「ヒ」の田んぼが終わったら、黒米の田んぼ「コ」に移動。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

... See more

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

足で代かき、機械よりきれいにできる気がする。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

ジャスミンライスの田植えです。ムの田んぼ。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

毎日、身体を動かしてヘトヘトでご飯が美味しいのがなによりです。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

稲が大きくなってきたのでネットを外します。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

田んぼの作業中。

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

雑草にのまれそうになりながら、たくましく生きてます!

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY
1 year ago

... See more

LIKE
LOVE
HAHA
WOW
SAD
ANGRY


ヒフミヨイ農園は2015年1月現在で市内6ヶ所の畑と27枚の水田で耕作を行っています。メンバーは20〜40代の、それぞれ本業として音楽家、料理人、陶芸家、庭師、イベントプロデューサ−などの顔を持つ10数名の有志により運営されています。代表の青柳は2002年から自然農法を学び、2009年から長久手市で野菜とハ−ブ類の無農薬無肥料栽培を始めました。2013年頃から自然農仲間らも加わり、耕作地も拡大しました。2014年度からは市内米農家さんの水田を引き継ぎ、本年度は長久手市のご協力の下で合鴨農法など米の無農薬無肥料栽培に取り組む予定です。

収穫物はメンバーの営む飲食店に提供したり、2014年にはお米を長久手市民祭の「長久手むすび」に使用して頂いたりしていますが、私達の目標は食の自給と、貨幣に頼らず独立した暮らしをすること、それらを大地の恵みと仲間同士の助け合いにより実現することであり、収穫物の出荷は主目的ではありません。

その他、音楽イベントへの参加協力や烏骨鷄の飼育、炭焼き、餅搗きなども楽しみながら行っています。ヒフミヨイ農園へのご参加、お手伝い、見学などはいつでも歓迎いたします。


 お米の販売始めました

このお米は愛知県長久手市の約1,5ヘクタールの田んぼで、地元農家の皆様のご指導とご協力のもとに、私達が作ったものです。私達の団体は有志から成る消費者グループのようなもので、もともとは長久手市で自家消費用の野菜を無農薬、無化学肥料、無動物性肥料で栽培していました。私 が6年前にクワとカマで耕作放棄地を開墾し、その後何らかの縁で集った仲間により、それぞれの自主の精神に基づいて続けられています。現在は大小含め長久 手市内の六ヶ所の畑で、販売目的ではなく参加各人がそれぞれ食べるための野菜を共同作業により多品目栽培しており、また参加/協力をしていただいた飲食店 さんに食材を提供することも行っています。


畑作は以下の様に行っています

☆極力耕運機などの農業機械やビニールマルチなどの資材を使わない
☆肥料は少量の米ヌカ、油カス、家庭の野菜クズや刈り取った雑草で作る堆肥を使用する
☆虫や雑草をむやみに排除せず、反対にそれらを含む自然天然の現象を作物の成長促進に上手く利用する

2014年、長久手市の稲作専業農家さんの田んぼを引き継ぐこととなり、それまでの野菜の栽培に加え稲作を行いました。94歳まで専業で稲作を行ってきたおじいさ んが怪我により仕事を止めざるを得なくなり、私達に田んぼの一部を引き継いで欲しいという話が来たのが始まりでした。私達は2013年から手伝いを始め、 同年冬からは作業の一切を受け継ぎ、指導と助力を得ながら稲作を行いました。

その結果として、関わった10数名の有志に対して4600キログラム超という大量のお米ができ上がりました。今回は私達の活動への協力金とその返礼としてのお米、という形で知人を通じてのみ流通させていただいています。2015年期はお米についても無農薬栽培を開始します。

ヒフミヨイ農園代表 アオヤギツトム

私達は田畑において共に栽培を行う仲間を募集しています。専業にしたいという方も相談を受けさせていただきます。詳しくは直接ご連絡ください。見学や体験も随時実施しています。

 

2015年 新米できました。

ヒフミヨイ農園は化学物質や動物性の肥料を使わず米と野菜の自給を目指す集まりです。このお米は愛知県長久手市の農家さんの水田を引き継ぎ減農薬栽培したものです。 年間で除草剤を一度使っています。現在他の田んぼで無農薬無化学肥料栽培を試みています。いずれは全ての田んぼでそれ を行いたいと考えています。私達の田んぼは100人位の米を自給できる広さがあります。 100人でやれば一切の化学物質と石油エネルギーは必要なくなります。私達の目標の一つは それです。今回のお米は私達の活動への協力金に対する謝礼としてお分けしています。

以下全て無農薬・無化学肥料・動物性肥料不使用・天日乾燥のお米の案内です。主に手作業で作ったこともあり出来上がりと案内が遅れました。

◆コシヒカリ(玄米、白米)
◆餅米(玄米、白米)
◆黒米

◎コシヒカリ…天日干しのものを白米で食べるとより「銀シャリ」感が高い感じがします。今ドキな言い方だと身体が喜ぶ感じでしょうか(笑)。個人的な感想ですけれどもお日様のチカラを感じます。

◎餅米…品種は「喜寿」。不耕起で栽培したため同一田んぼ内で前年のコシヒカリもこぼれ種から発芽し育ってしまい、若干(一割未満)うるち米が混ざってしまいました。おこわやおはぎには良いですが純粋な餅好きの方には不満かもしれないです。餅が苦手な人にはこれでついた餅はちょうど良いかも。私はそのクチです。特に気にしない人なら気付かない程度だと思います。

◎黒米…古代米。白米に少し混ぜて炊くとごはんが赤くなります。多めに混ぜて炊くのが私は好きです。農薬不使用で天日干しだと味がしっかり有る感じだと私は思います。

値段(前回と同じく協力金への返礼ということで消費税はプラスされません)

☆遠方へはゆうパックで郵送します。送料はご負担願います。送金方法は直接お伝えします。

Comments are closed.